人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

脳機能とリハビリテーション研究会ブログ

noukinou.exblog.jp

第42回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第1弾】

第42回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第1弾】_d0154581_12160012.jpg

1.開催日時・方法

2022年11月9日(水曜日)1900分~20時30

オンラインLive形式(Googlemeet) 

Googleアカウントが必要です.

参加費:無料(脳リハ研会員限定) 

⇒事前参加登録をお願いします.

定員:100

参加方法:

下記URLフォームから必要事項をご記入下さい.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事前参加登録フォーム(締切:2022年11月2日)

https://forms.gle/CG2tqptsKCS4eHaN9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.発表演題

①小脳の構造と機能

山本 竜也(つくば国際大学)


②安静時脳機能からみる小脳の精神機能

栗田 幸平(千葉大学子どものこころの発達教育研究センター)


3.参加資格

脳リハ研会員(本年度分までの年会費納入者)

*本年度分までの年会費が未納の方は,指定の銀行口座(https://nourehaken.jp/bank-transfer/)に納入後,お申し込みください.

*納入状況がご不明な方は研究会事務局(jimukyoku@noukinou.main.jp)までご連絡下さい.

4.申し込み事項

参加をご希望の方は,2022年11月2日までに上記「事前参加登録フォーム」から事前参加登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,申込時までにアカウントの取得をよろしくお願いいたします.

5.当日の参加方法

上記フォームにてお申し込み後,開催2日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します.勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.

6.話題提供の募集

脳リハ研では,皆様からの現場情報を他施設・他分野で共有し,ディスカッションできる場の構築を目指しています.話題提供者は会員資格を問いません.是非,脳リハ研Web勉強会 にて,皆様の現場でのご経験を情報共有して頂けますと幸いです.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話題提供申込みフォーム(随時募集中です!)

https://forms.gle/C7UyFXvBDD78uijRA

第41回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第1弾】_d0154581_04560482.jpg



 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【勉強会に対する問い合わせ窓口】

脳機能とリハビリテーション研究会 勉強会事務局

担当:内田武正、山本哲

benkyokainoukinou.main.jp(@を半角に直して下さい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー













# by noureha | 2022-08-15 12:20 | 勉強会

第41回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第2弾】

★各演題の要約を公開します。


1.開催日時・方法

2022年7月28日(木曜日)1900分~2100

オンラインLive形式(Googlemeet) 

Googleアカウントが必要です.

参加費:無料(脳リハ研会員限定) 

⇒事前参加登録をお願いします.

定員:100

参加方法:

下記URLフォームから必要事項をご記入下さい.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事前参加登録フォーム(締切:2022年7月20日)

https://forms.gle/CG2tqptsKCS4eHaN9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2.発表演題

①重度体性感覚障害を呈した左視床出血例に対する2種類の深部感覚検査併用の試み

加藤 將暉(の門病院 リハビリテーション部

高杉 潤 (東都大学 幕張ヒューマンケア学部)

関節位置覚および運動覚の一般的検査方法の問題点として,提示刺激(検査肢あるいは検査肢の対側肢に対する他動運動)の運動範囲が規定されていないことが挙げられる.これに対してFugl-meyer assessmentFMA)とThe Erasmus MC modifications to the revised Nottingham Sensory AssessmentEmNSA)での深部感覚検査は提示刺激の運動範囲が規定されている.我々は,右上下肢に重度体性感覚障害を呈した左視床出血例に対して,FMA位置覚とEmNSA運動覚を経時的に測定し,両検査の特徴を検討した.本症例の深部感覚の経過は,EmNSA運動覚上での改善が先行して,FMA位置覚上での改善が続いて認められていた.これは検査間での提示刺激の違いに起因していると考えられ,両検査の併用によって深部感覚の改善を詳細に検出できると考えらえた.


②視空間認知障害、観念運動失行など多彩な頭頂葉症状を呈した大脳皮質基底核症候群患者の1例

細川 大瑛(国立病院機構仙台西多賀病院 / 東北大学医学系研究科)

大脳皮質基底核症候群(corticobasal syndrome,以下CBS)では左右差の強い筋強剛のほか,失行,失語など病巣に応じて多彩な大脳皮質症状を呈する.今回,視空間認知障害,視覚性運動失調,観念運動失行など多彩な頭頂葉症状を認めたCBS症例に対する作業療法介入経験を報告する.

本症例は,「字を書きたい」と繰り返し希望していた.自発書字・写字では仮名・漢字ともに無反応となってしまい,なぞり書きでは大きく乱れ,書字能力はきわめて重度に低下していた.本症例の目標を達成するにあたり,「字を書きたい」と希望する本質的な理由を掘り下げたところ,「手紙を出したい」とのことであった.本症例は読字および発話能力が相対的に保たれていたため,残存能力を利用して目標を達成する方法を提案した.

代替手段を検討するリハビリテーション場面では,詳細な残存機能の評価はもちろんのこと,改善したい活動を具体的に明らかにすることも重要である.


3.参加資格

脳リハ研会員(本年度分までの年会費納入者)

*本年度分までの年会費が未納の方は,指定の銀行口座https://nourehaken.jp/bank-transfer/に納入後,お申し込みください.

*納入状況がご不明な方は研究会事務局jimukyoku@noukinou.main.jpまでご連絡下さい.


4.申し込み事項

参加をご希望の方は,2022年7月20日までに上記「事前参加登録フォーム」から事前参加登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,申込時までにアカウントの取得をよろしくお願いいたします.


5.当日の参加方法

上記フォームにてお申し込み後,開催2日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します.勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.


6.話題提供の募集

脳リハ研では,皆様からの現場情報を他施設・他分野で共有し,ディスカッションできる場の構築を目指しています.話題提供者は会員資格を問いません.是非,脳リハ研Web勉強会 にて,皆様の現場でのご経験を情報共有して頂けますと幸いです.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話題提供申込みフォーム(随時募集中です!)

https://forms.gle/C7UyFXvBDD78uijRA

第41回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第1弾】_d0154581_04560482.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【勉強会に対する問い合わせ窓口】

脳機能とリハビリテーション研究会 勉強会事務局

担当:内田武正、山本哲

benkyokainoukinou.main.jp(@を半角に直して下さい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー












































# by noureha | 2022-06-28 10:09 | 勉強会

第41回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第1弾】

第41回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第1弾】_d0154581_06135461.jpg

1.開催日時・方法

2022年7月28日(木曜日)1900分~2100

オンラインLive形式(Googlemeet) 

Googleアカウントが必要です.

参加費:無料(脳リハ研会員限定) 

⇒事前参加登録をお願いします.

定員:100

参加方法:

下記URLフォームから必要事項をご記入下さい.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事前参加登録フォーム(締切:2022年7月20日)

https://forms.gle/CG2tqptsKCS4eHaN9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.発表演題

①重度体性感覚障害を呈した左視床出血例に対する2種類の深部感覚検査併用の試み

加藤 將暉(の門病院 リハビリテーション部

高杉 潤 (東都大学 幕張ヒューマンケア学部)


②視空間認知障害、観念運動失行など多彩な頭頂葉症状を呈した大脳皮質基底核症候群患者の1例

細川 大瑛(国立病院機構仙台西多賀病院 / 東北大学医学系研究科)


3.参加資格

脳リハ研会員(本年度分までの年会費納入者)

*本年度分までの年会費が未納の方は,指定の銀行口座(https://nourehaken.jp/bank-transfer/)に納入後,お申し込みください.

*納入状況がご不明な方は研究会事務局(jimukyoku@noukinou.main.jp)までご連絡下さい.

4.申し込み事項

参加をご希望の方は,2022年7月20日までに上記「事前参加登録フォーム」から事前参加登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,申込時までにアカウントの取得をよろしくお願いいたします.

5.当日の参加方法

上記フォームにてお申し込み後,開催2日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します.勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.

6.話題提供の募集

脳リハ研では,皆様からの現場情報を他施設・他分野で共有し,ディスカッションできる場の構築を目指しています.話題提供者は会員資格を問いません.是非,脳リハ研Web勉強会 にて,皆様の現場でのご経験を情報共有して頂けますと幸いです.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話題提供申込みフォーム(随時募集中です!)

https://forms.gle/C7UyFXvBDD78uijRA

第41回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第1弾】_d0154581_04560482.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【勉強会に対する問い合わせ窓口】

脳機能とリハビリテーション研究会 勉強会事務局

担当:内田武正、山本哲

benkyokainoukinou.main.jp(@を半角に直して下さい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








































# by noureha | 2022-06-17 04:57 | 勉強会

第40回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第3弾】

第40回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第3弾】_d0154581_06441463.jpg

第40回脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会
★発表演題②のタイトルと要約を更新しました★

1.開催日時・方法
2022年5月25日(水曜日)19時00分~21時00分
オンラインLive 形式(Googlemeet) 
⇒ Googleアカウントが必要です.
参加費:無料(脳リハ研会員限定) 
⇒ 事前参加登録をお願いします.
定員:100名参加方法:

下記URLフォームから必要事項をご記入下さい.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事前参加登録フォーム(締切:2022年5月18日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.テーマ
視床出血について、基礎研究、臨床研究、症例報告から考える.

3.発表演題
①視床感覚核の基礎研究と視床痛
長坂和明(新潟医療福祉大学 運動機能医科学研究所)
視床は様々な神経回路の中継核として知られている.本勉強会では、痛みなどの侵害受容に関連する核を中心に紹介する.そのうえで、臨床的にやっかいな病態として扱われている『視床痛』に当該核がどのように関係するのかを、私の研究内容も含めて紹介する.

②視床のみかた
迫力太郎(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)

視床は大脳に入るほとんどの情報を中継し、脳のシステムの重要な位置づけになっている.リハビリテーションを行っていくためにも、どこから視床の核に神経線維が入り、どこに投射するのか,その関係性を知ることは重要である.視床出血は、脳出血の中で被殻出血の次いで多く、リハビリテーション医療職の中で担当することが多い疾患であり、同じ視床出血でもそれぞれの視床核や周辺組織である内包や被殻の損傷程度により様々な病態を示す.我々はこれまで視床出血と歩行能力の関係性を調査し学会発表を行ってきた.今回の講義ではこれまでの発表した内容を中心にリハビリテーションを行う上で必要な視床のみかたについてお話します.


③右上下肢に体性感覚障害と小脳性運動失調様の症状を呈した左視床出血例
高杉潤(東都大学幕張ヒューマンケア学部)
右上下肢に重度の体性感覚障害と小脳性運動失調様の症候を呈した左視床出血例を紹介する.また、病巣および機能解剖的な観点から、症例の神経症候を考察する.

4.参加資格
脳リハ研会員(本年度分までの年会費納入者)

*本年度分までの年会費が未納の方は,指定の銀行口座(https://nourehaken.jp/bank-transfer/)に納入後,お申し込みください.
*納入状況がご不明な方は 研究会事務局(jimukyoku@noukinou.main.jp)までご連絡下さい.

5.申し込み事項
参加をご希望の方は,2022年5月18日までに上記「事前参加登録フォーム」から事前参加登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,申込時までにアカウントの取得をよろしくお願いいたします.

6.当日の参加方法
上記フォームにてお申し込み後,開催2日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します.勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.

7.話題提供の募集
脳リハ研では,皆様からの現場情報を他施設・他分野で共有し,ディスカッションできる場の構築を目指しています.話題提供者は会員資格を問いません.是非,脳リハ研 Web勉強会 にて,皆様の現場でのご経験を情報共有して頂けますと幸いです.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話題提供申込みフォーム(随時募集中です!)
第40回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第3弾】_d0154581_06330615.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【勉強会に対する問い合わせ窓口】
脳機能とリハビリテーション研究会 勉強会事務局
担当:内田武正、山本哲
benkyokai@noukinou.main.jp(@を半角に直して下さい)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



























# by noureha | 2022-05-09 06:34 | 勉強会

第40回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第2弾】


第40回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第2弾】_d0154581_05002551.jpg
40回脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会

★発表演題①③のタイトルと要約を更新しました★


1.開催日時・方法

2022525日(水曜日)1900分~2100

オンラインLive 形式(Googlemeet

 ⇒ Googleアカウントが必要です.

参加費:無料(脳リハ研会員限定)

 事前参加登録をお願いします.

定員:100

参加方法:下記URLフォームから必要事項をご記入下さい.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事前参加登録フォーム(締切:2022518日)

https://forms.gle/CG2tqptsKCS4eHaN9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.テーマ

視床出血について、基礎研究、臨床研究、症例報告から考える.


3.発表演題

①視床感覚核の基礎研究と視床痛

長坂和明(新潟医療福祉大学 運動機能医科学研究所)

視床は様々な神経回路の中継核として知られている.本勉強会では、痛みなどの侵害受容に関連する核を中心に紹介する.そのうえで、臨床的にやっかいな病態として扱われている『視床痛』に当該核がどのように関係するのかを、私の研究内容も含めて紹介する.


視床出血の総論(仮) 近日中に公開

迫力太郎(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)


右上下肢に体性感覚障害と小脳性運動失調様の症状を呈した左視床出血例

高杉潤(東都大学幕張ヒューマンケア学部)

右上下肢に重度の体性感覚障害と小脳性運動失調様の症候を呈した左視床出血例を紹介する.また、病巣および機能解剖的な観点から、症例の神経症候を考察する.

4.参加資格

脳リハ研会員(本年度分までの年会費納入者)

*本年度分までの年会費が未納の方は,指定の銀行口座(https://nourehaken.jp/bank-transfer/)に納入後,お申し込みください.

*納入状況がご不明な方は 研究会事務局(jimukyoku@noukinou.main.jp)までご連絡下さい.


5.申し込み事項

参加をご希望の方は,2022518日までに上記「事前参加登録フォーム」から事前参加登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,申込時までにアカウントの取得をよろしくお願いいたします.


6.当日の参加方法

上記フォームにてお申し込み後,開催2日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します.勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.


7.話題提供の募集

脳リハ研では,皆様からの現場情報を他施設・他分野で共有し,ディスカッションできる場の構築を目指しています.話題提供者は会員資格を問いません.是非,脳リハ研 Web勉強会 にて,皆様の現場でのご経験を情報共有して頂けますと幸いです.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話題提供申込みフォーム(随時募集中です!)

https://forms.gle/C7UyFXvBDD78uijRA



第40回 脳機能とリハビリテーション研究会 Web勉強会【第2弾】_d0154581_05022372.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【勉強会に対する問い合わせ窓口】

脳機能とリハビリテーション研究会 勉強会事務局

担当:内田武正、山本哲

benkyokainoukinou.main.jp(@を半角に直して下さい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー















































# by noureha | 2022-04-24 05:35 | 勉強会