人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

脳機能とリハビリテーション研究会ブログ

noukinou.exblog.jp

第19回学術集会 教育講演について

第19回学術集会 教育講演の講師、内藤栄一先生から、今回の講演に関して、参考となる論文、文献等を紹介して頂きました。この講演を受ける前に予習されたい方、基礎知識を深めたい方、是非お読みになってはいかがでしょうか。
 
講演当日は、実演体験も交えながら運動イメージや運動錯覚の神経生理学的機序を紹介して頂ける予定です。またリハビリテーションに応用可能なイメージトレーニングも紹介して頂けると思います。今から楽しみですね。


本講演に関する参考文献
内藤栄一、上原信太郎、村田哲、出江紳一 (2012) 「感覚刺激と運動学習」 特集 運動学習と理学療法.理学療法ジャーナル 46 (1): 25-35.

本講演に関連する主要研究業績
1. Uehara S, Nambu I, Tomatsu S, Lee J, Kakei S, Naito E (2011) Improving human plateaued motor skill with somatic stimulation. PloS ONE 6(10): e25670.
2. Naito E, Matsumoto R, Hagura N, Oouchida Y, Tomimoto H, Hanakawa T (2010) Importance of precentral motor regions in human kinesthesia: A single case study. Neurocase Sep 8:1-15.
3. Naito E, Scheperjans F, Eickhoff SB, Amunts K, Roland PE, Zilles K and Ehrsson HH (2008) Human superior parietal lobule is involved in somatic perception of bimanual interaction with an external object. J Neurophysiol 99: 695-703.
4. Hagura N, Oouchida Y, Aramaki Y, Okada T, Matsumura M, Sadato N and Naito E (2008) Visuokinesthetic perception of hand movement is mediated by cerebro-cerebellar interaction between the left cerebellum and right parietal cortex. Cereb Cortex doi:10.1093.
5. Hagura N, Takei T, Hirose S, Aramaki Y, Matsumura M, Sadato N and Naito E (2007) Activity in the posterior parietal cortex mediates visual dominance over kinesthesia. J Neurosci 27: 7047-7053.
6. Naito E, Nakashima T, Kito T, Aramaki Y, Okada T and Sadato N (2007) Human limb-specific and non limb-specific brain representations during kinesthetic illusory movements of the upper and lower extremities. Eur J Neurosci 25: 3476–3487.
7. Naito E and Ehrsson HH (2006) Somatic sensation of hand-object interactive movement is associated with activity in the left inferior parietal cortex. J Neurosci 26: 3783-3790.
8. Ehrsson HH, Kito T, Sadato N, Passingham RE and Naito E (2005) Neural substrate of body size: illusory feeling of shrinking of the waist. PLoS Biology 3: e412.
9. Naito E, Roland PE, Grefkes C, Choi HJ, Eickhoff S, Geyer S, Zilles K and Ehrsson HH (2005) Dominance of the right hemisphere and role of area 2 and in human kinesthesia. J Neurophysiol 93: 1020-1034.
10. Ehrsson HH, Geyer S and Naito E (2003) Imagery of voluntary movement of fingers, toes, and tongue activates corresponding body-part specific motor representations. J Neurophysiol 90: 3304-3316.
11. Naito E, Roland PE and Ehrsson HH (2002b) I feel my hand moving: A new role of the primary motor cortex in somatic perception of limb movement. Neuron 36: 979-988.
12. Naito E, Kochiyama T, Kitada R, Nakamura S, Matsumura M, Yonekura Y and Sadato N (2002a) Internally simulated movement sensations during motor imagery activate cortical motor areas and the cerebellum. J Neurosci 22: 3683-3691.
13. Naito E, Kinomura S, Geyer S, Kawashima R, Roland PE and Zilles K (2000) Fast reaction to different sensory modalities activates common fields in the motor areas, but the anterior cingulate cortex is involved in the speed of reaction. J Neurophysiol 83: 1701-1709.
14. Ehrsson H, Naito E, Geyer S, Amunts K, Zilles K, Forssberg H and Roland PE (2000) Simultanenous movements of upper and lower limbs are coordinated by motor representations that are shared by both limbs: a PET study. Eur J Neurosci 12: 3385-3398.
15. Naito E, Ehrsson HH, Geyer S, Zilles K and Roland PE (1999) Illusory arm movements activate cortical motor areas: A PET study. J Neurosci 19: 6134-6144.





関連総説
1. 内藤栄一 (2011) 「固有受容と身体イメージ」 Clinical Neuroscience誌 月刊 臨床神経科学 特集 Body Image 29(8): 905-908.
2. 内藤栄一 (2007) 「身体運動像の獲得に体性感覚入力が果たす役割―ニューロイメージング研究から―Neuronal representation of somatic perception of limb movement」 バイオメカニクス学会誌31: 178-186.
3. 内藤栄一 (2006) 「ヒトの四肢運動感覚情報処理と身体像形成に関与する脳活動 (Kinesthetic processing and neuronal correlates of human “body image”)」 理学療法の医学的基礎 9: 4-14.
4. 内藤栄一 (2004) 「運動習熟のメカニズム」 特集スポーツと脳 脳科学の最新の進歩 臨床スポーツ医学 21(9): 1057-1065.
5. 内藤栄一、定藤規弘 (2002) 「身体図式(ボデイースキーマ)と運動イメージ」 体育の科学 特集 脳の活性化と運動 52: 921-928.
6. 内藤栄一 (2001) 「運動実行と運動感覚を内的にシミュレートする運動イメージ」 認知運動療法研究 1: 10-33.


関連著書
1. 内藤栄一 (2009) 「身体像の生成と運動学習の脳内機構」 理学療法MOOK16 脳科学と理学療法 第2章 脳科学の進歩:基礎編 第6節 pp. 81-98, 3月30日
2. 内藤栄一、羽倉信宏 (2005) 「リハビリで脳が変わる」 脳から見たリハビリ医学 第3章 久保田競・宮井一郎編 ブルーバックス 講談社 pp. 91-155, 11月20日
3. 内藤栄一 (2005) 「随意運動の制御」「随意運動と脳内賦活」 運動生理学シリーズ7 運動と高次神経機能-運動の脳内機能を探検する- 西平賀昭・大築立志編  杏林書院 pp7-23, 8月10日
4. 内藤栄一 (2003) 「運動錯覚と運動イメージの脳内メカニズム」  入門 運動神経生理学 ヒトの運動の巧みさを探る 矢部京之助・大築立志・笠井達哉 編著 市村出版 pp364-371, 12月12日
5. 松波謙一、内藤栄一(2000) 「最新 運動と脳」 体を動かす脳のメカニズム ライブラリ脳の世紀:心のメカニズムを探る5 久保田競・酒田英夫・松村道一編集 サイエンス社 pp169-198, 3月25日
by noureha | 2012-03-02 19:11
<< 千葉会勉強会(2012年第1回... 第19回学術集会 一般演題申込... >>