人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

脳機能とリハビリテーション研究会ブログ

noukinou.exblog.jp

第10回脳リハ研 定例勉強会のご案内(第2弾)

第10回脳機能とリハビリテーション研究会定例勉強会の内容の一部が決定しました!

今回の定例勉強会におきましては、プチ神経科学講座では「H反射を用いた痙性の評価」についての解説を行なう予定です。
また話題提供として、「不随意運動を主徴とする症例の病態の検討」や、「注意障害についての初学者へのわかりやすい紹介」を行う予定となっています。通常当勉強会で行っていました症例検討とは、少し異なった内容となる予定です。日常の臨床でよく目にする不随意運動や注意障害について、再度考え直す、良い機会となれば幸いです。

勉強会への参加条件はございません。医療従事者、研究者でしたら、どなたでも参加可能です。参加のお申込みは下記まで!
(引き続き、話題提供もお待ちしております)

期日  2014年8月17日(日) 13時00〜16時30分
会場  タワーホール船堀 407会議室 アクセスMAP
参加費 会員 無料  非会員 500円  学部生 無料
定員  36名
内容 

プチ神経科学講座
「ヒトにおける神経生理学研究-H反射による脊髄神経機構と痙性メカニズムの解明-」
梅原裕樹氏(茨城県立医療大学)

概要:
臨床では、主に診断目的の検査として行われているH反射であるが、私たちリハビリ関連職種がその恩恵を受けることは少ない。しかし、脊髄における単シナプス反射を反映すると考えられているH反射は、脊髄運動ニューロンの興奮性を定量的に評価する指標として、リハビリテーションに直結する非常に有益な情報をもたらす。本講座では、H反射を含む誘発筋電図の原理や測定法と、それにより明らかとなった痙性に関わる脊髄神経機構について解説する。


話題提供1
「不随意運動を主徴とする症例の病態の検討」
山口哲人氏(筑波大学附属病院 神経内科)

概要:
不随意運動は自分の意思によらず生じる運動の総称で、過剰な運動が日常生活動作を障害することがある。今回、舞踏運動およびミオクローヌスを呈した幾つかの症例に関して、その病態機序を画像検査、神経生理学的検査を用いて検討した。不随意運動を来す原因は、変性疾患、脳血管障害や整形外科的疾患など多岐に渡る。


話題提供2
「高次脳機能障害入門-注意機能について-」
若旅正弘氏(鶴巻温泉病院)

概要:
本発表では主に①注意機能②注意機能の評価 について知見や基本的な考え方、方法について、高次脳機能障害を初めて学ぶ方であってもわかりやすいよう紹介する予定である.


参加申込方法・演題(症例報告など)申込み先
定例勉強会事務局宛に以下の項目を明記の上、メールにてご送信下さい。折り返し、参加の採否について返信致します。メール送信後2日以上経っても返信がない場合は、再度、お問い合わせ下さい。

 件名:  定例勉強会参加希望
 本文: 1.脳リハ研会員or非会員 
      2.お名前
      3.勤務先・所属
      4.連絡先(返信可能な個人のメールアドレス)
-------------------------------------------------
 脳機能とハビリテーション研究会 定例勉強会事務局
 担当:山本哲
 benkyokai@noukinou.com (@を半角に直して下さい)
-------------------------------------------------
by noureha | 2014-06-17 12:35 | 勉強会
<< 第8回 Motor Contr... 沼田憲治会長 第5回理学療法学... >>