人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

脳機能とリハビリテーション研究会ブログ

noukinou.exblog.jp

Brain and Rehabilitation 2019(第26回脳リハ研学術集会)のご報告(第2報)

2019年9月14日 Brain and Rehabilitation 2019(第26回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会) が開催されました。今年の学術集会は産業技術総合研究所とコラボレーションし、それぞれ 基礎研究・臨床研究・臨床現場 に関わる幅広い職種間で活発なディスカッションが行われる非常に学際性の高い学術集会となりました。

教育講演 1
「リハビリテーション評価技術の変遷と未来構想」

持丸 正明(産業技術総合研究所 人間拡張研究センター センター長)

持丸先生からは『リハビリテーション評価技術の変遷と未来構想』というテーマでご講演いただきました。リハビリテーション分野における評価が、運動機能評価から生活機能評価に拡がり、さらにそれらの根源をなす脳機能評価へ進展してきた点や、これらの評価が今後どのように発展していくかについて解説していただきました。大変分かりやすく、今後の研究や臨床活動に大きな示唆を与えるご講演内容でした。

Brain and Rehabilitation 2019(第26回脳リハ研学術集会)のご報告(第2報)_d0154581_12042843.jpg
持丸正明 先生



教育講演 2
「半側空間無視 -その多様性を理解し新しいアプローチを考える-」
石合 純夫(札幌医科大学 医学部 リハビリテーション医学講座 教授)

石合先生からは『半側空間無視 -その多様性を理解し新しいアプローチを考える-』というテーマにてご講演いただきました。神経ネットワークの観点から半側空間無視の障害メカニズムに関してご解説いただき、その後、新たなアプローチ方法に関する最新知見についてご紹介していただきました。半側空間無視の病態理解において大変参考になるご講演でした。

Brain and Rehabilitation 2019(第26回脳リハ研学術集会)のご報告(第2報)_d0154581_12044088.jpg
石合純夫 先生



企画講演
「基礎・臨床研究と臨床現場」

<基礎研究> 「脳損傷後の可塑性 -良い側面と悪い側面-」
肥後 範行(産業技術総合研究所 人間情報研究部門 ニューロリハビリテーション研究グループ 研究グループ長)

<臨床研究> 「評価に難渋する多様な神経症候 -運動麻痺を伴わない行為・行動の障害-」
高杉 潤(東都大学 幕張ヒューマンケア学部 理学療法学科 教授 / 脳機能とリハビリテーション研究会 会長)

<臨床現場> 「高次脳機能障害に対する在宅リハビリテーションの実践」
揚戸 薫(千葉県千葉リハビリテーションセンター 高次脳機能障害支援センター)

企画講演では、基礎研究・臨床研究・臨床現場 のそれぞれの分野の第一線でご活躍される3人の先生から、これまでの研究成果や取り組みが紹介されました。3つのご講演とも大変興味深く貴重な内容のものばかりで、本大会テーマである『基礎・臨床研究と臨床現場 ~垣根を越えたチーム医療~ 』に相応しい企画講演となりました。

Brain and Rehabilitation 2019(第26回脳リハ研学術集会)のご報告(第2報)_d0154581_12051404.jpg
肥後範行 先生

Brain and Rehabilitation 2019(第26回脳リハ研学術集会)のご報告(第2報)_d0154581_12052444.jpg
高杉潤 先生

Brain and Rehabilitation 2019(第26回脳リハ研学術集会)のご報告(第2報)_d0154581_12054960.jpg
揚戸薫 先生




















___

by noureha | 2019-09-18 12:00 | 学術集会
<< 脳リハ研2019年研修会 開催... 第30回脳リハ研 定例勉強会の... >>