人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

脳機能とリハビリテーション研究会ブログ

noukinou.exblog.jp

【Web開催・会員限定】第34回定例勉強会のご案内(第1弾)

 前回11月25日に開催されました定例勉強会は、オンライン形式で開催されました(前回の開催情報:https://noukinou.exblog.jp/28294307/ )。当日は、多様な地域から参加者が集まり、活発なディスカッションが行われました。今後もオンライン形式による症例報告,基礎研究報告,プチ神経科学講座を会員限定で実施する予定です.

 次回の定例勉強会の開催概要は以下の通りです。引き続き、多様な職種や地域,背景をお持ちの医療従事者および研究者の方にご参加して頂ければ幸いです.


第34回 脳機能とリハビリテーション研究会

Web定例勉強会

 1.開催日時・方法

 2021年2月17日(水曜日)1800分~1930
 Webオンライン形式(Google meet)
  ⇒ Googleアカウントが必要です。
 参加費:無料(研究会会員限定)
  ⇒ 事前参加登録をお願いします。
 定員:100
参加方法:
 下記URLフォームから必要事項をご記入下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事前参加登録フォーム
(締切:2021年2月10日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.発表演題
臨床研究報告1
右頭頂葉病変により、模倣性連合運動を呈した一例
鈴木北斗(座間総合病院)

臨床研究報告2
(タイトル未定)
清水一生(亀田総合病院)


3. 参加資格・申し込み事項

 脳リハ研の会員限定勉強会になります.参加者を希望する方は,2021年2月10日までに上記「事前参加登録フォーム」から参加申し込み登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,申込時までにアカウントの取得をよろしくお願いいたします


4.当日の参加方法

 上記フォームにてお申し込み後,開催5日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【勉強会に対する問い合わせ窓口】

脳機能とリハビリテーション研究会 定例勉強会事務局

担当:山本哲 benkyokai@noukinou.main.jp

(@を半角に直して下さい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【Web開催・会員限定】第34回定例勉強会のご案内(第1弾)_d0154581_09235949.jpg




# by noureha | 2020-12-21 09:58 | 勉強会

Web版 会員限定の無料定例勉強会のご案内(第2弾)

全ての発表タイトルが決定しました!!事前参加登録は11月18日〆切となっております。


 新型コロナウイルス感染症の影響により,本年度の当研究会主催の学術集会と研修会は延期が決定されました.定例勉強会につきましては,Webにてオンライン形式による症例報告,基礎研究報告,プチ神経科学講座を会員限定で実施する予定です.この機会に多様な職種や地域,背景をお持ちの医療従事者および研究者の方にご参加して頂ければ幸いです.


第33回 脳機能とリハビリテーション研究会

Web定例勉強会

 1.開催日時・方法

 20201125日(水曜日)1800分~1930
 Webオンライン形式(Google meet)
  ⇒ Googleアカウントが必要です。
 参加費:無料(研究会会員限定)
  ⇒ 事前参加登録をお願いします。
 定員:100
参加方法:
 下記URLフォームから必要事項をご記入下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事前参加登録フォーム
(締切:2020年11月18日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.発表演題
臨床研究報告
-余剰幻肢に関する近年の報告と実際の症例-
杉山聡(千葉脳神経外科病院)

基礎研究報告
パーキンソン病・アルツハイマー病に生じる感覚異常
ーコリン作動性神経損傷により生じる体性感覚過敏と過剰な神経活動ー
出澤真乃介(つくば国際大学/筑波大院/産総研)

概要:パーキンソン病(PD)やアルツハイマー病(AD)は、疾患に関連する症状として、感覚過敏や痛みなどの感覚異常の存在が知られていますが、その原因は不明です。病理学的視点から、この2つの疾患ではマイネルト基底核(コリン作動性)の神経変性と脳内アセチルコリンの減少が顕著にみられることが共通しており、このことが、PDやAD患者の認知機能低下の原因であることが知られています。PDやAD患者における感覚異常は認知機能低下と相関することも知られており、認知機能低下と感覚異常の発症について、共通の神経メカニズムが背景に存在することが暗に示唆されます。そこで、我々は感覚異常の発症原因として、マイネルト基底核に着目しました。
本発表では、マイネルト基底核を損傷させた動物を用いて行動および一次体性感覚野の神経活動の計測を実施した我々の研究論文、Dezawa et al., Experimental Neurology, in press: Lesions of the nucleus basalis magnocellularis (Meynert) induce enhanced somatosensory responses and tactile hypersensitivity in rats の内容を中心にご紹介させていただきます。


3. 参加資格・申し込み事項

 脳リハ研の会員限定勉強会になります.参加者を希望する方は,11月18日までに上記「事前参加登録フォーム」から参加申し込み登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,アカウントの取得をよろしくお願いいたします


4.当日の参加方法

 上記フォームにてお申し込み後,開催5日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【勉強会に対する問い合わせ窓口】

脳機能とリハビリテーション研究会 定例勉強会事務局

担当:山本哲 benkyokai@noukinou.main.jp

(@を半角に直して下さい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Web版 会員限定の無料定例勉強会のご案内(第2弾)_d0154581_16534126.jpg



# by noureha | 2020-11-10 16:54 | 勉強会

Web版 会員限定の無料定例勉強会のご案内(第1弾)

 新型コロナウイルス感染症の影響により,本年度の当研究会主催の学術集会と研修会は延期が決定されました.定例勉強会につきましては,Webにてオンライン形式による症例報告,基礎研究報告,プチ神経科学講座を会員限定で実施する予定です.この機会に多様な職種や地域,背景をお持ちの医療従事者および研究者の方にご参加して頂ければ幸いです.


第33回 脳機能とリハビリテーション研究会

Web定例勉強会

 1.開催日時・方法

 20201125日(水曜日)1800分~1930
 Webオンライン形式(Google meet)
  ⇒ Googleアカウントが必要です。
 参加費:無料(研究会会員限定)
  ⇒ 事前参加登録をお願いします。
 定員:100
参加方法:
 下記URLフォームから必要事項をご記入下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事前参加登録フォーム
(締切:2020年11月18日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.発表演題
臨床研究報告
-タイトル未定-
杉山聡(千葉脳神経外科病院)

基礎研究報告
パーキンソン病・アルツハイマー病に生じる感覚異常
ーコリン作動性神経損傷により生じる体性感覚過敏と過剰な神経活動ー
出澤真乃介(つくば国際大学/筑波大院/産総研)

概要:パーキンソン病(PD)やアルツハイマー病(AD)は、疾患に関連する症状として、感覚過敏や痛みなどの感覚異常の存在が知られていますが、その原因は不明です。病理学的視点から、この2つの疾患ではマイネルト基底核(コリン作動性)の神経変性と脳内アセチルコリンの減少が顕著にみられることが共通しており、このことが、PDやAD患者の認知機能低下の原因であることが知られています。PDやAD患者における感覚異常は認知機能低下と相関することも知られており、認知機能低下と感覚異常の発症について、共通の神経メカニズムが背景に存在することが暗に示唆されます。そこで、我々は感覚異常の発症原因として、マイネルト基底核に着目しました。
本発表では、マイネルト基底核を損傷させた動物を用いて行動および一次体性感覚野の神経活動の計測を実施した我々の研究論文、Dezawa et al., Experimental Neurology, in press: Lesions of the nucleus basalis magnocellularis (Meynert) induce enhanced somatosensory responses and tactile hypersensitivity in rats の内容を中心にご紹介させていただきます。


3. 参加資格・申し込み事項

 脳リハ研の会員限定勉強会になります.参加者を希望する方は,11月18日までに上記「事前参加登録フォーム」から参加申し込み登録をお願い致します.なお,当日のWeb勉強会はGoogle Meetを使用します.接続にはGoogleアカウントが必要となりますので,アカウントの取得をよろしくお願いいたします


4.当日の参加方法

 上記フォームにてお申し込み後,開催5日前を目安とし,研究会より勉強会への招待URLをメール送付します勉強会当日に招待URLよりそれぞれの端末からアクセスしてご参加下さい.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【勉強会に対する問い合わせ窓口】

脳機能とリハビリテーション研究会 定例勉強会事務局

担当:山本哲 benkyokai@noukinou.main.jp

(@を半角に直して下さい)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Web版 会員限定の無料定例勉強会のご案内(第1弾)_d0154581_15391131.jpg




# by noureha | 2020-10-15 15:40 | 勉強会

脳リハ研2020年研修会 開催中止のお知らせ

脳リハ研2020年研修会は開催中止が決定しました


この度、毎秋開催しておりました研修会は、新型コロナウィルス(COVID-19)感染症拡大防止の観点から、研修会の特性上、3密の回避は困難と判断し、本年の開催は中止とすることに決定いたしました。参加を心待ちにされていた方々には誠に残念ではございますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2020年9月23日
脳機能とリハビリテーション研究会 会長 高杉 潤


# by noureha | 2020-09-23 16:33 | 研修会

当研究会における新型コロナウイルス感染症への対応について

当研究会における新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑み、当研究会におきましては、以下の対応を行うことに決定致しました。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1.第32回定例勉強会(2020年5月31日開催予定)について
第32回定例勉強会は、開催を延期致します。
参加を予定されていました皆様には、大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
なお、延期の開催時期は未定です。開催時期等が決まり次第、ホームページやブログ等にてご案内申し上げます。

2.第27回学術集会(2020年9月20日開催予定)について
第27回学術集会は、延期の可能性について現在検討しております。
5月中を目途にホームページやブログ等にて改めてご案内申し上げます。

本件に関するお問い合わせは、研究会事務局 (jimukyoku@noukinou.main.jp) までeメールにてご連絡下さい。

2020年4月10日
脳機能とリハビリテーション研究会会長 高杉 潤





# by noureha | 2020-04-10 10:10 | お知らせ